Shopping Cart ショッピングカート

Select your language Select your language

Which is the right set for you? あなたにぴったりのセットは?

Smart Doll's are available in two different flavors - a "Sports Bra Set" & "Apparel Set." Guys normally wear bra's at home when nobody is looking but our Smart Doll guys don't which is why we've given them a pair of Boxer Shorts instead. If you are buying a Smart Doll for the first time then choosing either set is enough - you do not need to get anything else in addition - but extra accessories will enhance your Smart Doll experience.
 If you are going to keep your Smart Doll at home or in the office and prefer them skimpy then go for the Sports Bra Set - but the Apparel Set is way better value for your cash.

Choose the Apparel set if you plan on taking them out n about - and save money at the same time as it will cost you more to buy the apparel set items separately. If you take them out in the Sports Bra Set then they may catch a cold. Alternatively you may want to go for the Sports Bra Set and then choose to customize the look and feel of your Smart Doll by buying additional apparel items. You can see what items the current Apparel Set consists of on this page.
スマートドールは二つのセットで用意しています。「Sports Bra Set」と「Apparel Set」だ。スポーツブラセットにはスポーツブラと下着が付いています。ブラーを密かに家で着用している男子は世の中にいますが、スマートドール男子はそんなことやりません。なのでボクサーショーツを履かせています。

お家やオフィスで肌露出多めに展示したい場合はスポーツブラセットは十分ですが、アパレルセットはかなりお得。スマートドールを外に連れて行く目的であればアパレルセットをオススメします。スポーツブラセットで外に連れて行くと、スマートドールちゃんは風邪をひくかもしれないのでご注意ください。 もしくはスポーツブラセットを選んでいただき、スマートドールのアパレルでご自分でコーディネートできます。

現在のアパレルセット内容はこのページでご確認できます。

Would you like to remove the Instabewbs filter for all busts in product listings? You can change your preferences in the footer menu. 商品一覧に出ているおっぱい写真のインスタバストフィルターを非表示にしますか?設定は今後フッターで変更できます。
Paste in the link of your Instagram photo of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のインスタグラムリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。
Paste in the link of your YouTube video of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のYouTubeリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。

Important! 重要!

We want to make sure that we have set your expectations regarding the handcrafted nature of our products. By proceeding you agree that you have read about our design philosophy and are cool with it. If not please refrain from making a purchase. ご購入される前にスマートドール のデザイン思想を読んでください。手作り商品により、スマートドール 本体にはホクロ、凹み、非対称、ユーズドアパレルにはほつれ、穴、むらなどが商品の表面に出ていることを理解した上でご購入ください。

Smart Doll - Kizuna Anniversary

キズナスマートドール (アニバーサリー)

INTRODUCTION

From a young age, the daughters of the wealthy Yumeno family were put through a rigorous upbringing of schooling during the day followed by after school tutoring and sports training in the evening where Kizuna learned fencing. Daughters of the Yumeno family were good looking, always did well in exams and they attracted the attention of many people who wanted to be their friends.

In the little free time that the sisters had, Kizuna’s sisters wanted to relax and unwind by spending their time on social media staring at their phones but Kizuna was different - she did a lot of reading and studying especially about anthropology which is the study of human society and behavior past and present.

Humans have basic requirements such as food and shelter followed by social and self esteem needs as explained in Maslow's Triangle. The environment that the Yumeno sisters lived in provided all of this. However, humans evolve based on needs to adapt to the surrounding environment and when one doesn’t need to adapt to the environment anymore then evolution stops and one finds themselves in the Comfort Zone.

Kizuna began to realize that this environment was more of a danger zone than a comfort zone for her and her sisters and that if they didn’t do anything to change then they may as well end up being vegetables. Kizuna tried to make her sisters realize what situation they were in but they were stubborn as always - they just didn’t get it and were too busy spending time on their social media timelines while chatting to “friends” online not realizing that many of them only wanted to befriend them because they were wealthy.

Kizuna knew that if she couldn’t save her sisters then she had to at least save herself and made the decision to give up everything she had and pursue her dreams.


“Dad, I know this is pretty sudden but I’ve decided to leave home. I want to study Anthropology and eventually move abroad.”
“Anthropology eh? And why would you want to do that?” asks her father. Kizuna takes a deep breath before replying.
“Oh you know, I want to learn and help others understand how society has formed over the years…and why most of us live the way others want us to be instead of living our own lives.”

“Wow Kizuna that’s pretty deep stuff. I know you love anthropology from all those books you read but passion alone isn’t going to pay the bills you know. You need to do well at school so you can get a good job. People will respect you. It’s what society expects.”

“Dad, did you even listen to what I… never mind. I’m moving out next week.”

Kizuna’s father stood staring out the window in silence before replying “Understood but don’t expect a penny from us - you are going to have to earn your own keep.”

“Thanks dad. I was going to get a part time job in a restaurant for a while.”

“What?! My Kizuna as a waitress?! What would people think?!”

“You just don’t get it do you dad?”

Those were the last words Kizuna uttered to her father before seeing him again 12 years later.

Kizuna ventured out on a journey to start a new life. She left home with a single suitcase and moved into a small run down apartment which had mold on the walls and 3 resident cockroaches which Kizuna named Peter, Piper and Pepper. Kizuna stayed in this apartment for the next 2 years while she continued her studies where she also worked at the Japanese restaurant as a waitress until midnight seven days a week.

Some wonder why Kizuna gave up what she had to live a life in such a challenging environment but for Kizuna this is just what she needed. Her studies, work and dream kept her constantly laser focused to continue to move forward - to evolve.

After Kizuna completed her studies she sold everything that she couldn’t fit in her suitcase and moved abroad. Kizuna wanted to work in anthropology somehow but didn’t know where to start. What she did know however was that she should constantly keep herself in an environment that would constantly challenge herself and when presented with options she should always opt for the most unfamiliar, most treacherous and most risky path. Only by continuously fumbling in the dark and tripping over hurdles can she build upon her failures - without failures to build upon, there are no building blocks to build with.

Kizuna found herself in familiar turf as she worked once again as a waitress during the evenings but in the daytime she had a part time job working as a tour guide for a Museum. The Museum was famed for its archeological findings where Kizuna took a deep interest in some of the exhibits - namely the ones which featured archeological findings of human figurative art.

Ten years on and we see Kizuna sitting with her father watching a recording of her giving a speech at the opening ceremony of her museum. Kizuna went on to create the Museum of Human Figurative Art after she discovered how relevant archeological findings were with her interest in anthropology - how sculptures of the human form found across the world represented culture spreading tens of thousands of years.
The museum focuses on using human figurative art to teach us how societies have evolved over tens of thousands of years - from the time of hunter gatherers living in limestone caves to the modern human living in concrete cities.

“I’m so glad you visited. I’m really proud of what you achieved Kizuna. I know we had our differences but…”
“It’s OK dad, I know you just wanted the best for me. This is a present for you. It’s from our museum gift shop”
“Looks like a doll?”
“Yep. It’s a form of art. It’s the modern day representation of the human form. We call it Smart Doll.”
“Whats so smart about it?” asks her father with a puzzled look on his face.
Kizuna smiles at her dad and says…

“You're not catching me at my best. Yet.”

Kizuna Looks Good With...

The yukata is what you need!

Read the Buyers Guide to find out what the Sports Bra and Apparel sets come with.

紹介

資産家の夢乃家の娘たちには、幼い頃から厳格なしつけがされてきた。日中は学校に通い、放課後には家庭教師が来て、夜にはスポーツの練習があった。この夜のスポーツ練習で、きずなはフェンシングを学んだ。
夢乃家の娘たちは容姿端麗で、試験でも常に優れた結果を残しており、友達になりたいと願う大勢の人々から注目を集めていた。

姉妹たちに許されたわずかな自由時間に、姉たちはスマホを片手にソーシャルメディアを眺めながらのんびりと羽を伸ばしたがったが、きずなは違っていた。彼女は特に人類学に関する読書と勉強に精を出した。人類学とは、過去や現在の人間の社会や行動について学ぶ学問だ。

マズローの欲求5段階説で説明されているように、人間にはまず食べ物や住まいなどの基本的欲求があり、その後に社会的欲求や自尊感情の欲求などが続く。夢乃姉妹が暮らす環境では、このすべてが満たされていた。しかし、人間は周囲の環境に適応する必要に基づいて進化するものである。もはや環境に適応する必要がないとなれば、その人間の進化は止まり、ぬるま湯に浸かることとなってしまう。

きずなは、現在の環境はぬるま湯というより、むしろ自分と姉妹にとって危機的な状況であるということに気づき始めた。この環境を変えずにいたら、植物人間も同然の状態になってしまうかもしれない。きずなは姉たちにも自分たちが置かれている状況に気づいてもらおうとしたが、姉たちはいつも通りかたくなだった。姉たちは単純にきずなの言うことが理解できなかったし、ソーシャルメディアのタイムラインや「友達」とのオンラインチャットに時間を費やすことに忙殺されていたのだ。その「友達」の多くが、夢乃姉妹が裕福だという理由で友達でいたいだけであることにも気づかずに。

きずなは、姉たちを救うことができないなら、少なくとも自分自身は救わなければならないことを知っていた。そして、持っているものすべてを手放し、自らの夢を追うことを決心した。


「お父さん、突然だけど、わたし家を出ることを決めたわ。人類学を学んで、いずれは海外に移住したいと思ってるの」
「人類学だって? 一体なぜそんなことをしたいんだ?」きずなの父は尋ねた。きずなは深呼吸をしてから答えた。
「あのね、長年にわたって社会がどのように形成されてきたのかを学びたいし、他の人がそれを理解する助けになりたいの…それと、なぜほとんどの人が自分自身が望むように生きず、他人が望む通りの人生を生きるのか、も」

「おお、きずな、それはまたずいぶん深いな。きずなの愛読書たちを見れば人類学が好きなことは分かっていたが、情熱だけでは生活は成り立たないぞ。いい仕事に就けるように、学校で好成績を収めなくては。そうすれば人から尊敬される。それが社会で期待されることなんだ」

「お父さん、わたしが言ったこと少しは聞い…もういいわ。来週、家を出るから」

きずなの父はただ立ち尽くし、無言で窓の外を眺めてから答えた。「わかったが、うちからは一円たりとも援助してもらえると思うなよ。自分で稼いでやっていけ」

「ありがとう、お父さん。当面は、レストランでアルバイトするつもりよ」

「何だと? 私のきずながウェイトレスをするだって!? 世間にどう思われるか!」

「お父さんにはわからないのね・・・」

それが、きずなが父に告げた最後の言葉だった。その後12年間、きずなが父に会うことはなかった。

きずなは思い切って自らの道を進み、新たな人生を始めた。スーツケース1つを手に家を出たきずなは、小さなボロボロのアパートに入居した。その部屋の壁にはカビが生え、ゴキブリが3匹住みついていた。きずなはゴキブリたちをピーター、パイパー、ペッパーと名づけた。その後2年間、きずなはこの部屋に住みながら勉学を続け、和食レストランでウェイトレスとして毎日深夜まで働いた。

きずながなぜ手にしていたものを手放し、これほど困難な環境の中で暮らさなければならないのかと疑問に思う人々もいた。しかしきずなにとっては、これこそが自分に必要なものだった。勉強、仕事、そして夢が、きずなを絶えず前へ進むことへ、進化することへと強く集中させ続けた。

学問を修め終えたきずなは、スーツケースに入りきらなかったものをすべて売り払い、海外へ移住した。人類学に関する仕事がしたいと思っていたきずなだったが、何から始めればいいのか皆目見当がつかなかった。ただ分かっていたことは、常に挑戦に満ちた環境に身を置いておくべきだということと、選べる選択肢がある時はいつも最もなじみがなく、不安定で、リスクのある道を選ぶべきだということだった。暗闇の中を手探りで進み、障害物につまづき続けることによってのみ、失敗から学ぶことができるのだ。学ぶべき失敗がなければ、何も築き上げることはできない。

夜はまた馴染みのあるウェイトレスの仕事に就いたきずなだったが、日中は美術館のツアーガイドのアルバイトをすることにした。
その美術館は考古学的発見で名が知られており、いくつかの展示、特に人間造形美術についての考古学的発見を取り上げた展示に、きずなは深い興味を抱いた。

10年後、きずなは父と共に座り、自ら立ち上げた美術館のオープニングセレモニーのスピーチを行うきずなが映っているビデオを見ていた。考古学的発見ときずなの持つ人類学への興味にはとても深い関連があること、そして世界中で発見されてきた人体の彫刻が、何万年にもわたって広がってきた文化をどのように表してきたのかを発見したきずなは、人間造形美術館を作ることにしたのだった。
この美術館は、石灰岩の洞窟に住んでいた狩猟採集時代から、コンクリートの都市に住む現代の人類に至るまで、何万年にもわたって社会がどう進化してきたのかを、人間造形美術を用いて人々に教えることに焦点を当てたものだ。

「来てくれて本当に嬉しいよ。きずな、お前が成し遂げたことを心から誇りに思っている。私たちには相容れない点があったが……」
「いいのよ、お父さん。お父さんはわたしのために最もいいと思うものを望んでいただけだってことはわかってるから。これ、お父さんにプレゼント。うちの美術館のギフトショップのものよ」
「人形か?」
「そう。芸術の1つの形よ。人体の現代的な表現。スマートドールって呼ばれているわ」
「これの何がそんなにスマートなんだ?」困惑した表情を浮かべた父が尋ねる。
きずなは父に向かって微笑み、こう言った。

「お父さんは最高のわたしを知らないのよ。今はまだ、ね」

 

似合うものはこれ!

浴衣

スポーツブラセット、アパレルセットの内容はスマートドールの購入ガイドに記載しています。

Customer videos from YouTube Customer videos from YouTube