Shopping Cart ショッピングカート

Select your language Select your language

Which is the right set for you? あなたにぴったりのセットは?

Smart Doll's are available in two different flavors - a "Sports Bra Set" & "Apparel Set." Guys normally wear bra's at home when nobody is looking but our Smart Doll guys don't which is why we've given them a pair of Boxer Shorts instead. If you are buying a Smart Doll for the first time then choosing either set is enough - you do not need to get anything else in addition - but extra accessories will enhance your Smart Doll experience.
 If you are going to keep your Smart Doll at home or in the office and prefer them skimpy then go for the Sports Bra Set - but the Apparel Set is way better value for your cash.

Choose the Apparel set if you plan on taking them out n about - and save money at the same time as it will cost you more to buy the apparel set items separately. If you take them out in the Sports Bra Set then they may catch a cold. Alternatively you may want to go for the Sports Bra Set and then choose to customize the look and feel of your Smart Doll by buying additional apparel items. You can see what items the current Apparel Set consists of on this page.
スマートドールは二つのセットで用意しています。「Sports Bra Set」と「Apparel Set」だ。スポーツブラセットにはスポーツブラと下着が付いています。ブラーを密かに家で着用している男子は世の中にいますが、スマートドール男子はそんなことやりません。なのでボクサーショーツを履かせています。

お家やオフィスで肌露出多めに展示したい場合はスポーツブラセットは十分ですが、アパレルセットはかなりお得。スマートドールを外に連れて行く目的であればアパレルセットをオススメします。スポーツブラセットで外に連れて行くと、スマートドールちゃんは風邪をひくかもしれないのでご注意ください。 もしくはスポーツブラセットを選んでいただき、スマートドールのアパレルでご自分でコーディネートできます。

現在のアパレルセット内容はこのページでご確認できます。

Would you like to remove the Instabewbs filter for all busts in product listings? You can change your preferences in the footer menu. 商品一覧に出ているおっぱい写真のインスタバストフィルターを非表示にしますか?設定は今後フッターで変更できます。
Paste in the link of your Instagram / Twitter post of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のインスタやツイッター投稿のリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。
Paste in the link of your YouTube video of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のYouTubeリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。

Important! 重要!

We want to make sure that we have set your expectations regarding the handcrafted nature of our products. By proceeding you agree that you have read about our design philosophy and are cool with it. If not please refrain from making a purchase. ご購入される前にスマートドール のデザイン思想を読んでください。手作り商品により、スマートドール 本体にはホクロ、凹み、非対称、ユーズドアパレルにはほつれ、穴、むらなどが商品の表面に出ていることを理解した上でご購入ください。

Which is the right body type for you? あなたにぴったりのボディータイプは?

While the head and hands will be vinyl - you have a choice of two different types of body - one is referred to as Cortex and the other as Vinyl. If you can’t tell the difference between the girls pictured above then we recommend that you choose Cortex when available. Both body types are pre-built.

Both are made from the same 3D data and share pretty much the same shape and form - all our apparel, accessories and body parts are compatible with both body types. The fundamental difference is the material and the way they are constructed. Vinyl being more expensive does not make it better than Cortex. Neither type is more superior than the other and they both have their own strengths depending on your needs.

Cortex is designed for children and newbies to fashion dolls while Vinyl is designed for hobbyists. If this is your first Smart Doll or you are buying for a child then we recommend Cortex. If you still want to find out more about the differences then read the Cortex or Vinyl post which should give you more info to make a decision.
スマートドールでは2種類の材質のボディーを展開している。ひとつは「コーテックス」(CORTEX)、もうひとつは「ソフビ」(VINYL) と呼ばれるものだ。別途記載がない限り、どちらの材質を選んでも頭と手はソフビだ。上の画像を見ても違いがわからないという方はコーテックスを選ぶことをお勧めする。コーテックスボディーもソフビボディーも組み立て完成品だ。

コーテックスもソフビも同じ3Dデータから作られており、その形とフォルムはさほど変わらない。アパレルやアクセサリー、ボディーのオプションパーツ(胸、ハンド、ハイ足など)はどちらのボディーにも使える。両者の決定的な違いはその材質と組み立てられ方だ。ソフビはコーテックスより価格が高いだからと言ってコーテックスより優れているということはなく、あなたが何を求めているかによってそれぞれに長所と短所がある。

コーテックスは子どもや初めてファッションドールを手に取る人向けのものだ。ソフビはこのスケールのファッションドールになれたドールユーザーのためにデザインされている。初めてのスマートドール、あるいはお子様のためのスマートドールならコーテックスを選ぶことをお勧めする。

それでももうちょい両者の違いが知りたい方は「コーテックスそれともソフビ製」の記事を読んでください。

Smart Doll - Serenity (Tea)

セレニティースマートドール (TEA)

INTRODUCTION

Serenity - always had a calm and tranquil dreamy look on her face. Separated at birth from her sister Trinity, Serenity was also brought up in a home - but this home was very different from the one Trinity was raised in.
Serenity’s home was a facility filled with grown ups running around in long white coats carrying clipboards. Occasionally one of these grown ups would take Serenity to a room which was filled with strange machines and TV’s. They would attach wires to her head and as they sat her into the chair in the middle of the room they would say “OK Serenity - ready for the usual checkup?”

Serenity would look up at the grown up and nod while smiling back but not say anything - while she could hear, she could not speak as she was born mute. Serenity was born with other genetic mutations which gave her the ability to accelerate the rate at which her neural pathways strengthen in her brain - meaning that she learned new skills fast - as in very fast - as in 50 times faster than the average human.

Neurons are cells located in the brain and nervous system that are responsible for transforming and relaying electrical signals that result in everything we do from moving our body to the way we think. Who we are is pretty much dictated by how Neurons are linked to each other. Neurons link with each other via something attached to them called a Synapse.
As an analogy, just think of a Neuron as a lego brick - they are more useful when you have many of them joined together right?
Now think of a Synapse as one of those round studs on top of a lego brick which joins two pieces of lego together - this join would be the pathway.

Pathways are formed between Neurons whenever we start to learn something. At first learning is difficult and takes effort but after repetition of doing the same thing over and over again, the pathways become stronger and less effort is required. For example, riding a bicycle for the first time - most of us will fall at least once and consume much energy while learning. After much practice it becomes easier and less energy is used. This is where the term “Practice Makes Perfect” comes from. So no matter how many times you fail when you start something new, try, try, try again and before you know it you will have newly formed neural pathways - the key is to never give up or those pathways that you spent so much time building will be removed in a process called Synaptic Pruning.

The brain is only 2% of your body mass but uses up 20% of your energy - it is wired to conserve energy - if it wasn’t then you would be using up too much energy and would have to constantly be eating like the American Pygmy Shrew. This is why neural pathways are created to help you do things easier and use up less energy.

One day after one of Serenity’s checkups, a group of the grown ups gathered together to discuss something of great urgency. It turns out that these “checkups” were experiments aiming to establish how Serenity had developed such abilities such as photographic memory, accelerated neural pathway generation and precision sensory and motor commands of her body that contributed to her athletic ability.

“Mr Secretary, we have established which genes are responsible for Serenity’s condition. Permission to proceed with Metamorphosis tests to produce the clone soldiers sir.”
“You have served your country well! Proceed. If we loose Serenity in the process, use her sister Trinity who is being kept by the Gopee family in London.”
“Understood sir.”

While Serenity can’t speak, her hearing abilities have been boosted to hear at levels that a normal human can’t - including the conversation with Mr Secretary a few corridors away.
While Serenity was startled and confused, she remained calm at the same time. She just found out that she had a sister who she had to rescue and that if she didn’t get away then she would be the source of Mr Secretary’s plot to create a clone army of super humans - Serenity was very well aware of the abilities that she possessed.

Serenity quickly formed a plan to get out of the facility. She had already learned the passcodes to access the local computer network where she was to find the location of the home that Trinity was being kept in. Serenity also knew the shifts of all the grown ups that worked there and also knew the passwords for each of the doors that lead her to the outside world and before anybody knew it Serenity was already half way to London to meet the sister she had never met…

紹介

セレニティーはいつも、静かで穏やかな夢見心地な表情を顔に浮かべていた。誕生と同時に姉のトリニティーと引き離されたセレニティーも、やはり施設で育った。だが、この施設というのがトリニティーの育った環境とは全く違っていた。
セレニティーの施設では、長い白衣を着てクリップボードを手にした大人たちが数多く立ち働いていた。時々、その大人たちのひとりがセレニティーを、奇妙な機械やテレビで埋め尽くされている部屋に連れて行った。そしてセレニティーの頭にワイヤーを取り付け、部屋の中央にある椅子に座らせ、こう言うのだった。「ようし、セレニティー。いつもの検査を始めるけど、準備はいいかな?」

セレニティーは大人たちを見上げ、笑顔で頷くが、何も言わない。耳は聞こえるが、生まれつき口がきけないのだ。セレニティーはほかにも、遺伝子変異を持って生まれた。その変異のおかげでセレニティーには、脳の神経経路が強化される速度を高めるという能力が備わっていた。つまり、新しい能力を速く習得することができるのだ。どれくらいかというと、平均的な人間の50倍という速さである。

神経細胞とは、脳と神経系のなかの細胞で、電気信号を変換・伝達する役割を担っている。これによって人は、体を動かしたり思考するなど、あらゆる活動が可能になる。私たちを私たちならしめているものはほとんどすべて、神経細胞がどのように相互結合しているかによって支配されている。神経細胞は、それにはりついたシナプスと呼ばれるものを介して結合する。
神経細胞をレゴブロックに例えて言えば、たくさんのブロックがつながっていたほうが使いものになるだろう。
そして、ブロックの上にある、ブロックとブロックをつなげるための丸い突起物をシナプスだと考えてみよう。このつながりが、経路である。

人が何かを学び始めるとき、神経細胞の間に経路が形成される。はじめのうちは習得するのが難しく、努力が必要だが、同じことを何度も繰り返すうちに経路は強化され、さほどの努力を必要としなくなる。例えば、初めて自転車に乗ろうとすると、ほとんどの人は少なくとも1回は転倒してしまう。そして、練習にたくさんのエネルギーを消耗する。何度も練習を重ねると簡単になり、エネルギーもそれほど必要としなくなる。「継続は力なり」である。
だから、何か新しいことを始めるとき、何回失敗しても何度も何度も挑戦し続ければ、いつの間にか新しい神経経路が形成される。一番大切なことは決してあきらめないことだ。あきらめてしまうと、たくさんの時間をかけて作り上げてきた神経経路は「シナプス刈り込み」と呼ばれる過程によって除去されてしまう。

人間の脳は、体重のわずか2%を占めるに過ぎないが、体の20%のエネルギーを消費する。また、それはエネルギーを節約するようにできている。そうでなければエネルギーを使いすぎて、コビトトガリネズミのように常に食べ続けなければならなくなってしまう。神経経路が作られるのはそのためだ。物事をより容易に、少ないエネルギーでできるようになるのを助けるためなのだ。

ある日、セレニティーのいつもの検査が終わると、数人の大人が寄り集まって何か慌てた様子で話し合っていた。実は、これまでやってきた「検査」というのは、極めて正確な記憶力や高速の神経経路生成、鋭い感覚、高い運動能力につながる体の運動指令といった能力をセレニティーがいかにして発達させたかを調べるための実験だったのだ。

「大臣。セレニティーの能力にどの遺伝子が貢献しているのかを突き止めました。クローン兵士を製造するメタモルフォシス試験の進行を許可を!」
「国のためによくやってくれた!試験を認める。その途中でセレニティーを失うようなことがあれば、姉のトリニティーを使うとよい。彼女は今、ロンドンのゴピー家に預けられている」
「承知しました、大臣!」

セレニティーは口がきけないが、聴覚の方は通常の人間ではありえないレベルまで研ぎ澄まされている - たとえ廊下を何本も隔てた場所で交わされた大臣との会話であっても。
衝撃と混乱のなかにあっても、セレニティーは落ち着きを失うことはなかった。自分に姉がいることをたった今知り、その姉を助けなければならないことに気づいたのだ。そして、自分も逃げ出さなければ、大臣の計画によってスーパー人間のクローン兵士製造に利用されてしまう。自分が持つ能力のことは、よくわかっている。

セレニティーは、すぐに施設からの脱出計画を立てた。ローカル・コンピューター・ネットワークへアクセスするパスコードはすでに知っている。そこから、トリニティーが預けられている家の所在地をつきとめる。また、ここで働く大人たちの勤務シフトも頭に入っているし、外の世界へと続く各扉のパスワードもわかっている。誰にも気づかれないまま、セレニティーは一度も会ったことのない姉に会う為に、既にロンドンへ向かう道のりを半分以上来ていた・・・

Share your #smartdoll goodies あなたのSNS写真や動画をこのページに掲載しよう

Be the first to add your photo!
(What is this?)
Be the first to add your photo!
(What is this?)

Be the first to add your video!
(What is this?)
Be the first to add your unboxing video!
(What is this?)