Shopping Cart ショッピングカート

Select your language Select your language

Which is the right set for you? あなたにぴったりのセットは?

Smart Doll's are available in two different flavors - a "Sports Bra Set" & "Apparel Set." Guys normally wear bra's at home when nobody is looking but our Smart Doll guys don't which is why we've given them a pair of Boxer Shorts instead. If you are buying a Smart Doll for the first time then choosing either set is enough - you do not need to get anything else in addition - but extra accessories will enhance your Smart Doll experience.
 If you are going to keep your Smart Doll at home or in the office and prefer them skimpy then go for the Sports Bra Set - but the Apparel Set is way better value for your cash.

Choose the Apparel set if you plan on taking them out n about - and save money at the same time as it will cost you more to buy the apparel set items separately. If you take them out in the Sports Bra Set then they may catch a cold. Alternatively you may want to go for the Sports Bra Set and then choose to customize the look and feel of your Smart Doll by buying additional apparel items. You can see what items the current Apparel Set consists of on this page.
スマートドールは二つのセットで用意しています。「Sports Bra Set」と「Apparel Set」だ。スポーツブラセットにはスポーツブラと下着が付いています。ブラーを密かに家で着用している男子は世の中にいますが、スマートドール男子はそんなことやりません。なのでボクサーショーツを履かせています。

お家やオフィスで肌露出多めに展示したい場合はスポーツブラセットは十分ですが、アパレルセットはかなりお得。スマートドールを外に連れて行く目的であればアパレルセットをオススメします。スポーツブラセットで外に連れて行くと、スマートドールちゃんは風邪をひくかもしれないのでご注意ください。 もしくはスポーツブラセットを選んでいただき、スマートドールのアパレルでご自分でコーディネートできます。

現在のアパレルセット内容はこのページでご確認できます。

Would you like to remove the Instabewbs filter for all busts in product listings? You can change your preferences in the footer menu. 商品一覧に出ているおっぱい写真のインスタバストフィルターを非表示にしますか?設定は今後フッターで変更できます。
Submit your photos below, or click here to submit videos. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のインスタやツイッター投稿のリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。
Paste in the link of your YouTube video of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のYouTubeリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。

Important! 重要!

We want to make sure that we have set your expectations regarding the handcrafted nature of our products. By proceeding you agree that you have read about our design philosophy and are cool with it. If not please refrain from making a purchase. ご購入される前にスマートドール のデザイン思想を読んでください。手作り商品により、スマートドール 本体にはホクロ、凹み、非対称、ユーズドアパレルにはほつれ、穴、むらなどが商品の表面に出ていることを理解した上でご購入ください。

Which is the right body type for you? あなたにぴったりのボディータイプは?

While the head and hands will be vinyl - you have a choice of two different types of body - one is referred to as Cortex and the other as Vinyl. If you can’t tell the difference between the girls pictured above then we recommend that you choose Cortex when available. Both body types are pre-built.

Both are made from the same 3D data and share pretty much the same shape and form - all our apparel, accessories and body parts are compatible with both body types. The fundamental difference is the material and the way they are constructed. Vinyl being more expensive does not make it better than Cortex. Neither type is more superior than the other and they both have their own strengths depending on your needs.

Cortex is designed for children and newbies to fashion dolls while Vinyl is designed for hobbyists. If this is your first Smart Doll or you are buying for a child then we recommend Cortex. If you still want to find out more about the differences then read the Cortex or Vinyl post which should give you more info to make a decision.
スマートドールでは2種類の材質のボディーを展開している。ひとつは「コーテックス」(CORTEX)、もうひとつは「ソフビ」(VINYL) と呼ばれるものだ。別途記載がない限り、どちらの材質を選んでも頭と手はソフビだ。上の画像を見ても違いがわからないという方はコーテックスを選ぶことをお勧めする。コーテックスボディーもソフビボディーも組み立て完成品だ。

コーテックスもソフビも同じ3Dデータから作られており、その形とフォルムはさほど変わらない。アパレルやアクセサリー、ボディーのオプションパーツ(胸、ハンド、ハイ足など)はどちらのボディーにも使える。両者の決定的な違いはその材質と組み立てられ方だ。ソフビはコーテックスより価格が高いだからと言ってコーテックスより優れているということはなく、あなたが何を求めているかによってそれぞれに長所と短所がある。

コーテックスは子どもや初めてファッションドールを手に取る人向けのものだ。ソフビはこのスケールのファッションドールになれたドールユーザーのためにデザインされている。初めてのスマートドール、あるいはお子様のためのスマートドールならコーテックスを選ぶことをお勧めする。

それでももうちょい両者の違いが知りたい方は「コーテックスそれともソフビ製」の記事を読んでください。

Smart Doll - Courage

カレッジスマートドール

Smart Doll - Courage

カレッジスマートドール


Cortex Body


Regular price Regular price ¥42,000

Find out how much is ¥42,000 JPY in your currency?


Your Smart Doll will come with a sports bra set and a telescopic stand - no additional apparel unless you add some. Walls and sky not included. Photos showing doll with apparel are for inspirational purposes only. このスマートドール にはスポーツブラセットと伸縮スタンドが付属しています。



James Meredith became the first African American to enroll at the University of Mississippi but was initially denied due to the color of his skin. In 1962, a federal court ordered the school to admit him but when the school governor refused to comply, president Kennedy sent federal marshals and troops to escort Meredith to the school.

The students felt it was their constitutional right to refuse “to socialize or fraternize with an undesirable student” - their backlash was followed by violent riots where 2 people were killed and many injured. Meredith knew that he was putting his life on the line and indeed was harassed during his time at the school where even his family was targeted. But Meredith wanted admission for his country, race, family, and himself. Meredith's admission became pivotal in the history of civil rights in the United States.

There is a statue of Meredith at the University of Mississippi - he is walking towards a monument that has the word “Courage” engraved on it together with "perseverance," "opportunity" and "knowledge."
The statue serves as a symbol and a reminder of his courage to want to live life for what he was in an environment that discriminated against him and his kind.

Africans were shipped against their will in ghastly conditions to America (and other parts of the world) where they were given new names and lived as slaves. Slavery was officially abolished in 1865 in the US but the dehumanizing continued with segregation.

Slavery continues to live on in modern day society in a different form although many don’t see it as “slavery” - they see it as a “constitutional right.”
Before we were taught that it was OK to dehumanize and keep slaves - now we are taught that its ok to dehumanize anybody that works in the service sector.

It wasn’t until I launched Smart Doll when I came to the embarrassing realization that I too treated others in the same dehumanizing way. I would be obnoxious to airline staff knowing very well that they were only doing their job. I would write emails of complaint to various web related services starting my mail with “I am a paying customer of your blah service” - society taught me that being a paying customer gave me constitutional rights.

It’s these “constitutional rights” that entitle passengers to physically abuse train and bus drivers - that entitlement was gained from the one dollar they paid for the ride.

There is a general principle in Japan which says “The Customer is God” - in America I believe they say “The Customer is Always Right.”
This principle is obeyed by almost all Japanese businesses and especially drilled into those working in the service sector.

Entitled customers don’t give a flying shite about humans who work in the service sector and see us as convenient stores that must be open 24 hours a day seven days a week - must be in stones throw distance and must have anything that they want in stock (even if they don’t want it they still want it in stock just in case) where all items sell at a dollar. When these said terms are not met, that’s when the dehumanizing starts with aggressive behavior and or foul language.

If there is any one thing I need to do before I die - it’s to encourage folks who run businesses in the service sector to do a double take and re-think whether they really want to continue to let customers dehumanize their employees.
I want our product and brand to serve as an example that we can create a successful business by placing employees at the center instead of customers - and in doing so create products that care about people and the environment.

I am intentionally transparent about our business philosophy which has contributed to reducing the chances of entitled customers buying our products - I would rather have far less sales than to have our employees be something that one wipes off the bottom of their shoe.

This is not to say we should look down on customers - we prefer to treat customers with equal respect rather than a celestial being.

In this busy day and age it’s easy to loose focus and forget our values which is why symbols are important and serve as a reminder. Courage is a symbol and a reminder to me that Smart Doll should always focus on employees who will naturally deliver the quality that we want associated with Smart Doll - and never ever become a business where the interests of customers come before employees.

Smart Doll will never become a business that encourages entitled customer behavior contributing to the continued cultivation of modern day slavery.

Courage was first introduced in Valiant's story. She looks particularly great with the Millennium Boots with Black Nice Tee and shorts combo!

ジェームズ・メレディスはミシシッピ大学に入学した最初のアフリカ系アメリカ人だが、最初は肌の色を理由に入学を断られた。1962年連邦裁判所は大学に彼の入学を許可するよう命じたが、大学理事はこれに従うことを拒否。この時ケネディ大統領は連邦保安官と連邦軍を派遣し大学までメレディスを護衛させた。

学生たちは「望ましくない学生と交流したり親しくしたりする」のを拒むのは彼らの正当な権利であると感じて反発、激しい暴動が起こり2名が死亡し、負傷者も多数出た。メレディスは自分の行動が命がけのものであることを知っていた。実際大学にいる間にはしつこい嫌がらせを受けたし、家族さえターゲットにされた。それでもメレディスは彼の国、人種、家族そして彼自身のために入学許可を望んだ。メレディスへの入学許可はアメリカの公民権の歴史における極めて重要な転換点となった。

ミシシッピ大学にはメレディスの像がある。彼は「忍耐」「機会」「知識」とともに「勇気」(カレッジ)の語が彫られたモニュメントに向かって歩いている。
像は、彼と彼の人種を差別する環境においてありのままの自分のための人生を生きるためにメレディスが示した勇気のシンボルであり、この勇気を思い出させてくれる存在である。

アフリカの人たちは悲惨な条件下で無理やりアメリカ (及びその他の地域) に送られ、そこで新しい名前を与えられ、奴隷として生きた。アメリカでは奴隷制度は1865年に正式に廃止されたが、非人間的な扱い、差別は残り続けた。

奴隷制度は別の形で今の社会にも残っている。ただ多くの人はそれを「奴隷制度」とは考えていない。彼らはそれを「正当な権利」と見なしているのだ。
かつては奴隷を人として扱わず所有することは問題なしと言われていた。今はサービス業で働く人の人間性を奪っても問題なしと言われる。

僕はスマートドールを設立して初めて、僕自身も他者を非人間的に扱ったことがあることに気付いて恥ずかしく思った。僕は航空会社のスタッフに対しすごく感じの悪い態度を取っていたことがある。彼らはただ自分の仕事をしているだけだとよく分かっていたのに。「私は金を払っているお客なのですが」で始まる苦情メールをウェブ関連サービスに送り付けたことも。社会が僕に金を払っているお客は正当な権利を持っていると教えていたのだ。

この「正当な権利」にのっとり乗客は電車やバスの運転手に暴力を振るう。この権利は彼らが払う数百円の乗車賃によって与えられたものだ。

日本には「お客様は神さま」という一般原則がある。アメリカでは確か「お客様は常に正しい」と言うんだと思う。
この原則は日本のほぼ全てのビジネスで守られており、特にサービス業で働く人の頭に叩き込まれている。
正当な権利を持ったお客はサービス業で働く人のことなどこれっぽっちも気にかけず、彼らを年中無休24時間営業のコンビニかなにかのように思っている。いつでもすぐ近くにいなければならず、欲しい物は何でも在庫になければならない (欲しくないものでも万一の場合のために在庫にあることを望む)。しかも安価で。これらの条件が満たされないと早速、攻撃的な行動や粗野な言葉による非人間的な扱いが始まるのだ。

僕が死ぬ前にしなければならないことがたった一つあるとするならそれは、スタッフに対する顧客の非人間的な態度をそのまま放置しておいて本当にいいのか、サービス業の経営者たちにもう一度見直し、考え直すよう促すことだ。
僕は、僕たちの商品やブランドが、顧客ではなくスタッフを中心に置くことでビジネスを成功させられる、そしてそれにより人や環境に配慮する商品を生み出せるという一つの手本になってくれることを望んでいる。

僕は僕たちの会社の考え方をわざと透明化している。これにより僕たちの商品を購入する権利を振りかざすような顧客は減っている。うちのスタッフがないがしろにされるぐらいなら僕は売り上げがぐんと落ち込む方を選ぶ。

顧客を下に見るべきだと言っているのではない。顧客を雲の上の人ではなくスタッフと同等の敬意を払うべき人として扱いたいのだ。

この忙しい日々、時代にあって人は簡単に焦点を見失い、価値観を忘れてしまう。だからこそシンボルは重要で、それを見て大切なことを思い出すのだ。「カレッジ」はシンボルであり、僕は彼女を見て、スマートドールという会社はいつもスタッフを中心に置くべきであり、顧客の利益をスタッフより優先する会社には絶対にしないという思いを新たにする。スタッフたちこそが僕たちがスマートドールに結び付けたい品質を届けてくれる存在なのだから。

権利を振りかざす顧客の振る舞いは現代の奴隷制を培い続けている。スマートドールはこのような振る舞いを促す会社には絶対にならない。

Customer videos from YouTube Customer videos from YouTube

Add your video!
(What is this?)
Add your unboxing video!
(What is this?)