Shopping Cart ショッピングカート

Select your language Select your language

Which is the right set for you? あなたにぴったりのセットは?

Smart Doll's are available in two different flavors - a "Sports Bra Set" & "Apparel Set." Guys normally wear bra's at home when nobody is looking but our Smart Doll guys don't which is why we've given them a pair of Boxer Shorts instead. If you are buying a Smart Doll for the first time then choosing either set is enough - you do not need to get anything else in addition - but extra accessories will enhance your Smart Doll experience.
 If you are going to keep your Smart Doll at home or in the office and prefer them skimpy then go for the Sports Bra Set - but the Apparel Set is way better value for your cash.

Choose the Apparel set if you plan on taking them out n about - and save money at the same time as it will cost you more to buy the apparel set items separately. If you take them out in the Sports Bra Set then they may catch a cold. Alternatively you may want to go for the Sports Bra Set and then choose to customize the look and feel of your Smart Doll by buying additional apparel items. You can see what items the current Apparel Set consists of on this page.
スマートドールは二つのセットで用意しています。「Sports Bra Set」と「Apparel Set」だ。スポーツブラセットにはスポーツブラと下着が付いています。ブラーを密かに家で着用している男子は世の中にいますが、スマートドール男子はそんなことやりません。なのでボクサーショーツを履かせています。

お家やオフィスで肌露出多めに展示したい場合はスポーツブラセットは十分ですが、アパレルセットはかなりお得。スマートドールを外に連れて行く目的であればアパレルセットをオススメします。スポーツブラセットで外に連れて行くと、スマートドールちゃんは風邪をひくかもしれないのでご注意ください。 もしくはスポーツブラセットを選んでいただき、スマートドールのアパレルでご自分でコーディネートできます。

現在のアパレルセット内容はこのページでご確認できます。

Would you like to remove the Instabewbs filter for all busts in product listings? You can change your preferences in the footer menu. 商品一覧に出ているおっぱい写真のインスタバストフィルターを非表示にしますか?設定は今後フッターで変更できます。
Paste in the link of your Instagram / Twitter post of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のインスタやツイッター投稿のリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。
Paste in the link of your YouTube video of this product. Learn more about this feature. あなたが撮ったこの商品のYouTubeリンクを貼り付けて送信してください。この機能の説明はここ
Please contact us if you are having problems with this feature. うまくいかない場合はコンタクトせよ。

Important! 重要!

We want to make sure that we have set your expectations regarding the handcrafted nature of our products. By proceeding you agree that you have read about our design philosophy and are cool with it. If not please refrain from making a purchase. ご購入される前にスマートドール のデザイン思想を読んでください。手作り商品により、スマートドール 本体にはホクロ、凹み、非対称、ユーズドアパレルにはほつれ、穴、むらなどが商品の表面に出ていることを理解した上でご購入ください。

Smart Doll - Gaia

ガイアスマートドール

Smart Doll - Gaia

ガイアスマートドール



During my corporate years I used to serve as Website Manager at Amazon. My responsibilities where working with my peers on the management team to figure out priorities of resource allocating and rolling out consumer facing website features.
サラリーマン時代、僕はアマゾンのウェブサイト・マネージャーとして勤めていた。責任はリソース割り当ての優先順位を決めること、そしてユーザーの目に触れるサイトの機能をリリースしていくことだった。この2つをマネージメント・チームと一緒に行っていた。
Occasionally I would get friends asking me “Hey Danny, somebody asked me about making a website for their business and I told them that you look after the Amazon site so you must know a thing or two about it?”
At the time I wasn’t really interested in taking on extra work as I was content with my job at Amazon and also had quite a bit of side income from making affiliate websites. So to the first request I said “OK, if you really want a website then its going to cost you X million yen.”

To my surprise they said yes. I wasn’t about to say no to a few million yen (1 million yen = about 10,000 USD at the time) to make a website so I took the job - I remember running around on the trains to meet the client after work and walking up a hill on a Summers evening in Meguro wondering where all this was going to lead.

After a while, more and more requests came my way but it came to the point where I couldn’t handle my main job at Amazon while making websites at night so with the help of Google Sensei, I put together a team of developers and designers who worked for me remotely. Now I was doing more project management than programming or designing.

With all the extra income, I would have been crazy to declare just my earnings in the annual income tax return - I needed to declare my expenses too as I was effectively running a company on the side so I founded my first business entity which was a sole proprietorship.

A sole proprietorship enables one to declare not only their earnings but also their expenses too. For example, If I use 25% of my home as an office, I can declare 25% of my rent/mortgage. I use my Internet connection for 90% of my work so I declare 90% of the cost as an expense.
By declaring your expenses, the amount of tax you pay is reduced as you only pay tax on the profits.

If you make 1000 USD a year and don't declare your expenses then you will pay tax on that 1000 USD. If you declare your expenses as being 800 USD and assume that your total income was 1000 USD, then you only pay tax on the difference which is 200 USD. I can’t emphasis this more enough - if you are earning any income on the side you should declare it (its called “the law”) but you must declare your expenses too (its called “being smart”). Go ask Google Sensei about “Sole Proprietorship” and learn more.
If you got a full time job (like I did at Amazon) and earn on the side (selling stuff on Etsy etc) then you’ll declare the combined amount of income. In my case I was paying too much tax compared to my expenses so the tax office actually returned what I over paid. I would not have got that money back if I didn’t declare my side income or expenses - if you play fair then the tax office plays fair too.

Anyway, by this time I knew that I wanted to have my own company later in life and gave myself a goal of setting up a company by the age of 35. The sole proprietorship was the beginning of everything and it was to be our future. I called it "Mirai" which means "The Future."

I eventually moved to Microsoft which was the last time I was to work for others - I really wanted to do my own thing and so I left corporate life to start my own company. My sole proprietorship Mirai became an incorporated company and I started off by doing web consulting for companies like Disney Japan and Columbia Japan.

In the meantime I was preparing a platform that would help me scale the business with little wo/man power. My vision was to have a single platform that could do everything from e-commerce to communities to publishing. This means that the only difference between client A and client B's site are a bunch of settings and some CSS and PHP templates. I called the platform “Mirai Gaia.”
“Gaia” is an Ancient Greek poetic word meaning “Earth” - my vision was for the platform to be used by clients around the world.

I made a decent amount of cash during my corporate life from the side business and I thought that it wasn’t going to be that difficult to sell Mirai Gaia seeing as I was able to previously make millions of yen from one website. With a powerful platform such as Mirai Gaia - I was sure that I could use my connections to sell at least one license of Mirai Gaia per month. How wrong could I have been…

By 2007, nobody wanted a website when they could achieve the very same thing on social media using services like Facebook. I remember making countless mockups and doing the rounds visiting companies to try to sell them the platform but nobody was interested. During this time I was writing about life in Japan on my blog at dannychoo.com but I didn’t really talk about the difficulties.

I hired somebody who quickly lost interested in my company vision. They ended up not doing much apart from spending time on Flickr and getting me to pay other developers to do the work that they should have been doing. I would argue with my wife protecting this person even though I knew very well that they were not doing any work. I was afraid that if I let them go then my company would end up being in the 90% of startups that fail.

My wife and I even discussed selling the house to keep the company running. I remember taking a walk one evening by myself to clear my mind. My body felt heavy and the thought crossed my mind that I should just stop walking and collapse to the floor and just lay there. The light at the end of the tunnel was as dim as it could be.

But then I remembered - "Identify and live your passion and the rest will just follow - it always does" is something that I always preached to my readers but why didn’t I live by it myself? Back at my desk at home I said aloud to myself “Identify and live your passion and the rest will just follow - it always does. Something always leads to something. Nothing always leads to nothing.”
The light at the end of the tunnel got a little brighter but I still didn’t know how long the tunnel was. As long as I could see the light however I kept going and doing what I did as I knew it would lead to something.

Good Smile Company is a maker of figurines - many may know of their Nendoroid series. I met the boss Aki-san through my writings of his products on dannychoo.com and we became good friends ever since. He even made a Nendoroid of my mascot Mirai Suenaga ;-)
I said to Aki-san, “Let me build the Good Smile Company website - I will do it for free. Maybe just send me a figure or two every month.”

Aki agreed and we launched goodsmile.info on Mirai Gaia - to this day it still runs on the platform. With the news that a reputable company like Good Smile Company was using Mirai Gaia, other anime related companies also wanted a slice of Mirai Gaia and eventually I had paying clients such as Konami, Kadokawa, Bushiroad, King Records, Dentsu, Sega Sammy and Ascii Media Works.

The peak of the Mirai Gaia client count signaled the beginning of my next life project which was to profoundly change everything once again. That project was called “Smart Doll.”

Without Mirai Gaia there would be no Smart Doll - we just simply would not have had the foundation to proceed with a project of such complexity.

So now we have “Mirai” and “Gaia” as Smart Doll characters who represent the foundations of our beginnings.
時折友達にこんなことを言われることがあった。「ねえダニー、会社のホームページを作りたいと言っている人がいたから、知り合いにアマゾンのウェブサイトを担当している人がいるよと言ったんだ。アマゾンのウェブサイトを担当するくらいだから、ウェブサイトについてかなり詳しいはずだよ、って」
当時の僕は余分な仕事まですることには大して興味がなかった。アマゾンでの仕事に満足していたし、アフィリエイトのサイトを作って副収入も結構あったからだ。その為、最初にその様なオファーを受けた際には、「承知いたしました。ウェブサイトをご希望でしたら、制作費はうん百万円になります」と回答した。

全く予想外のことだったが、彼らはその料金で了承してくれた。そこで、ウェブサイトを1つ作って何百万円も稼げるならと思って引き受けることにした。暫くすると依頼はさらに増えたが、昼間は本業であるアマゾンの仕事をして、夜にウェブサイトを作るという生活に限界を感じるようになってきた。そこで、グーグル先生からお知恵を拝借して、リモートで働いてくれるプログラマーとデザイナーを雇うことにした。そして気付いてみれば、自分はプログラミングやデザインよりも、プロジェクト・マネージメントの方を沢山行うようになっていた。

この時には既に、将来は自分の会社を持ちたいという野望を持っていた為、35歳になるまでに起業することを目標に設定した。全ては個人事業から始まったから、それは僕にとって未来だった。そこで屋号は「未来」からとって「MIRAI」にした。

その後マイクロソフトに転職したが、これが誰かに雇われて働いた最後の職場となった。「自分の生き方で生きていきたい」との思いが高まり、サラリーマン生活に別れを告げて自分の会社を起業したのだ。個人事業として始まったMIRAIは株式会社となり、初期の頃はディズニー・ジャパンやコロンビア・ジャパンといった会社を対象に、ウェブ・コンサルティングを行っていた。

それと並行して、ほとんどマンパワー無しでも事業を拡大できるように、とあるプラットフォームの構想を練った。考えていたのは、それ1つあればECからコミュニティー・サイトから出版まで、何でも対応するプラットフォーム。そういったプラットフォームがあれば、一連の設定と、CSSとPHPのテンプレートを変更するだけで、クライアントA用のサイトもクライアントB用のサイトもすぐに作成できる。そのプラットフォームには、「MIRAI GAIA」(ミライガイア) という名前を付けた。
「ガイア」というのは古代ギリシャの詩で使われていた単語で、意味は「地球」。世界中のクライアントに使ってもらえるようにしたい、というヴィジョンから付けた名前だ。

サラリーマン時代に副業でかなりの額を稼ぎ、ウェブサイト1つで何百万も儲けた経験もあったことから、ミライガイアを売るのもそんなに難しくないと思っていた。ミライガイアは非常にパワフルなプラットフォームだ。コネを使えば最低でも1ヶ月に一つのライセンスは売れるだろうと予測していた。後にその考えがいかに甘かったのか思い知らされることになる・・・

2007年にもなれば誰もウェブサイトなんて欲しがらなかった。Facebookなどのサービスを使えば、全く同じことをソーシャル・メディア上で出来るようになっていたからだ。数え切れないほどのモックアップを作って、企業を一軒一軒回って売り込んだのを今でも覚えている。結局誰も興味を示してくれなかった。

そんな中僕の会社に、雇用はしたもののすぐに会社のヴィジョンに興味を失った従業員が数名いたことがある。彼らは結局毎日FLICKRを見ているだけでほとんど仕事をせず、彼らがすべき仕事をしてもらうのに別の開発者を外注する羽目になった。何の仕事もしていないと分かってたのに、妻とのケンカになると何故か彼らを庇っている自分がいた。スタートアップの90%は失敗すると言われていて、彼らを解雇したら自分の会社もその90%に入ることを恐れていたのだ。

妻との間では、会社の存続のために家を売って資金の足しにするかどうかの話まで出ていた。ある夜、頭をスッキリさせたくて独りで散歩に出たのを覚えている。体が重く感じその場に立ち止まって地面に倒れ込み、そのままうずくまってしまおうかという思いまで頭をよぎった。どんなに長いトンネルでもその先には光があるというが、その光は限りなく遠く暗いものだった。

しかし僕はあることを思い出した。いつもブログではユーザーに、「自分の情熱を見つけて、それを追う人生にしよう。後は自然と付いてくるさ。絶対にね」と半ば説教のように伝えていた事をなぜ自分にはそうしていないのかと。自宅に戻りデスクの前に座ると、声に出して自分自身にこう言い聞かせた。「自分の情熱を見つけて、それを追う人生にしよう。後は自然と付いてくるさ。絶対にね。何かをしていれば、何かには繋がる。何もしなければ、何にも繋がらない」。
その後トンネルの先の光は少し明るくなったが、トンネルがどれほど長く続くのかは分からなかった。だがその光が見えている限り止まることなくやり通した。そうすれば何かには繋がるって分かっていたから。

グッドスマイルカンパニーは一流のフィギュアメーカーだ。ねんどろいどシリーズを知っている人も多いかと思う。ブログでグッスマの商品についてよく書いたことがきっかけで、社長のアキさんと知り合いになれた。僕のマスコット末永みらいのねんどろいどまで作ってくれた!
僕はアキさんに次のように頼んだ。「僕にグッドスマイルカンパニーのウェブサイトを作らせてください。費用はいただきません。が、たまにフィギュアください。」

アキさんはこの話を受けいれ、ミライガイアを使ってgoodsmile.infoを立ち上げた。今でもまだ、このサイトはミライガイア上で運営している。グッドスマイルカンパニーのような一流会社がミライガイアを使っているという話が広まったことで、他のアニメ関連会社からもミライガイアを試してみたいという話が来るようになった。気付いてみれば、コナミ、KADOKAWA、ブシロード、キングレコード、電通、セガサミー、それにアスキー・メディアワークスといった企業が、クライエントとしてミライガイアのプラットフォームを使ってくれるようになっていた。

ミライガイアの顧客数がピークに達した頃、人生の何もかもを変えてくれるだろうと思うプロジェクトが始まった。「スマートドール」それがプロジェクト名だ。

ミライガイアがなければ、スマートドールは誕生していない。これほど複雑なプロジェクトを前に進めるための基盤は、ミライガイア無しには、率直に言ってあり得なかっただろう。
こうして「MIRAI」と「GAIA」はスマートドールの始まりを象徴する存在に。

Customer videos from YouTube Customer videos from YouTube

Add your video!
(What is this?)
Add your unboxing video!
(What is this?)